粋の極み。人と自然と伝統が息づく静岡水わさび

発祥の地が伝える人とわさびの歴史

わさび栽培発祥の地と
畳石式わさび田

水わさび栽培は、約400年前、静岡市の山間部で始まった。その後、畳石式と呼ばれるわさび田が考案され、収量や品質のみならず、生物多様性の維持にも貢献している。

マスコットキャラクターわさびのさびちゃん


日本一のわさび産地

静岡県は、わさび産出額において全国の70%以上を占める。県内では、静岡地域、伊豆地域、北駿地域が主な産地だ。わさび栽培の軌跡から各産地の特徴を導き出す。


生物多様性を育む農法

静岡のわさび田には、環境を保持するだけでなく、自然災害を抑制し、生物多様性を育む力もある。中でも畳石式のわさび田は、持続可能な農業生産システムとして極めて理想的だ。


静岡わさびを取り巻く人々

わさびを料理の脇役と考える人は多い。しかし、その魅力を知る人は、一様に「単なる脇役ではない」と力を込める。わさびの真髄に触れた人たちが熱く語る、静岡わさびの本質とは?

  • わさびの機能性について
  • 応援企業・関連団体